中学受験を目指すための学習方法には個別指導塾という手段もあります。こちらの選択肢を選ぶメリットは、大手進学塾のレベルについていけないお子さんなどに合わせた学習を行ってもらえるというものです。それぞれのレベルに応じたカリキュラムを提供してもらうことができるため、お子さんに合わせた学習を望む人にとっては嬉しいメリットとなります。

しかし、中学受験に臨むための情報量という意味では個別指導塾に劣ってしまう部分もあって、さらに塾の中でも比較的高い授業料となってしまうことが多いです。このような部分がデメリットになってきますので、経済状況や受験に臨む姿勢に応じて選んでみるとよいでしょう。

ただし、中学受験に臨むための情報についてはインターネットの発達によって、中学受験のマニュアルサイトなどからでも手に入れることができますので、メリットを伸ばしつつ、デメリットを抑えた使い方も可能となっております。お子さんによっては大勢の生徒に囲まれての集団学習が苦手という場合もありますので、お子さんの特徴に合わせて個別指導塾を選ぶ手段も残されているでしょう。進学塾か個別指導塾かは一長一短になってきますので、相性が重要になってきます。