中学受験のための勉強を教えてくれるところには個人塾があります。個人塾だからといって大手の進学塾に劣っているということもなく、中には元進学塾講師で有名だった人が自分の理念に基づいた個人塾を開いている場合もあるからです。このような講師が塾長をやっている個人塾になれば、テキストやカリキュラムも大手と比べて遜色のないものに仕上がっていることも多いので、相性が良ければ十分に選択肢になります。

逆にデメリットとしては塾長の経営方針がモロに反映されるという部分で、大手の進学塾の場合は大勢の学力をしっかり伸ばすために効率的な手段を取っていることが多いので、塾長の方針に合致すれば学力アップを期待できますが、その逆の場合は身にならない可能性もあります。これはメリットにとらえることもできますが、デメリットになることもあると覚えておくべきです。

また、比較が難しいというデメリットもあって、良い塾に当たれば大きな恩恵を得られますが、外れた場合のリスクも大きいと考える必要があるでしょう。比較を入念に行うという時間があれば、大手進学塾以上の恩恵を提供してくれるような個人塾に出会うこともできるかもしれません。どちらにしても相性が重要となってきます。