中学受験をすることになったら必ず行う必要がでてくるのが学校選びです。この学校選びも中学受験の醍醐味が集約されている部分なので、心して取り掛かる必要があるでしょう。学校選びのポイントとしては親が中心になって子供の意見を取り入れつつ選ぶというものです。

正直な話で、このくらいの年代の子供が自分の適性をわかっていることの方が珍しく、ここは親がこれまでの子供の様子を見て、どの学校に適正があるのかを見極める必要があります。この際に絶対に注意したいのが偏差値だけで学校を選ばないという部分です。これは親のエゴともいえる部分ですが、どうしても中学受験をさせるのならば学力レベルの高い学校に行かせたいと思ってしまう親が多いのです。

しかし、中学校の良し悪しは決して学力だけで決まるわけではありませんので、しっかりとその学校の校風を見極める必要があるでしょう。小学校や中学校というのは学力を高めるのも大切な目的ですが、子供の心を成長させるという部分も大切なので、親は様々な視点から学校選びをしていかなければなりません。また、学校選びをする際にはわざわざ中学受験をしてまでその学校に行く目的を明確にするということも忘れないようにしましょう。