中学受験をする際には併願するという考え方もあります。これは一種のリスクマネジメントで高校受験や大学受験などでも当たり前のように行う方法なので、親御さん方もよくわかっておられるはずです。こちらの併願の方法にもポイントがあって、メインの中学校、そして併願する学校を単なる滑り止めと考えないことも重要です。

メインの中学校に落ちた場合は当然併願したもう一方の学校に行く可能性が出てきますので、こちらの学校選びも慎重に行う必要があるでしょう。万が一併願した中学校で満足できないということがあれば、子供に辛い枷をはめてしまうことになります。

そして、具体的な併願の方法として子供学力に応じて志望校選びがあります。まず、この学校ならほぼ確実に合格できるという安全圏ラインの学校の存在も重要になります。次に少し高望みではあるが、この学校に行ければ最高というような挑戦という意味合いで受験する中学校があってもよいでしょう。あきらめなければ、チャレンジが報われる可能性は十分にあります。最後が実力的に簡単でもないが難しくもない、つまり自分の子供学力相応の学校です。このように中学受験の併願の選び方にはポイントがありますので覚えておきましょう。