中学受験にチャレンジするならば中学受験のリスクを踏まえておきたいものです。このリスクで特に慎重になる必要があるものは子供へのリスクです。一番に考えられるのが中学受験に失敗した時のリスクで、お子さんによっては人生初で最大の屈辱になるかもしれません。場合によっては精神が病んでしまう可能性もありますので、万が一に備えて親御さんがしっかりとケアする術を身につける必要があります。

また、親にかかる負担としては経済面の負担があって、中学受験をするのならば塾に通わせたり、家庭教師をつけたり、さらに教材を購入したりする必要もあるでしょう。これらには当然お金がかかってきますので、子供一人を無事中学に合格させるまでにかかる費用はかなりのものになります。

さらに、無事中学に合格した場合は自宅から遠い位置に学校があることも多いので、そうなると通勤費がかさむことになります。これも家庭によってリスクになりかねませんのでしっかりと覚えておく必要があるでしょう。また、学校選びを誤った時も大きなリスクを背負うことになり、特に中高一貫の学校を選んでしまった場合は辛い6年間を過ごすことになります。このように中学受験にはリスクもつきものです。